×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ネットで保険選び?」妻は笑いました。
でも、各社の見積額の違いを見ると・・・

愛車の保険選び ここに注意

ランキングで上位の自動車保険には、支持される理由があります。

例えば、保険料、補償内容、担当者の対応、事故時の対応、サービス、信用度、・・・などなど。

でも保険料については、加入者によってプランや条件が異なりますので、必ずしもランキング1位が、あなたの愛車の保険でも1番とは限りません

自動車保険は保険選びでかなり節約できます。

そのまま継続するより 数万円以上 安くなったと喜ばれる方法があります。

理由は簡単。 ソニー損保 や 三井ダイレクト、アクサダイレクト、チューリッヒ 等の、人気の保険の見積を比べて1番が選べるから。 他にも有名損保とも比べられるので、補償内容やサービスも安心して比べられます。

「でも面倒なのは嫌だなぁ・・・」 ・・・ それも大丈夫。

ネットで気軽な一括見積なので、 たった1回の手続きです。 そしてその手続きも簡単。 「車検証」「保険証券」「免許証」を準備して、入力フォームに従って必要事項を入力していくだけ。

利用【無料】。

「保険料ってこんなに違うの!?」と驚かれ、 また「もっと早く利用すれば良かった」と悔しがられる方法です。

比較するとそれだけ、保険の事が分かります。 まずは、ネットで気軽に比べてみましょう。

愛車の保険 もっと安くても!

快適なカーライフのため保険は大切です。 運転者には一定の責任が伴いますので万一の備えは必要です。

とはいえ、「万一の備え」にしては今の保険、すこし負担が大きいと思いませんか? 近頃は保険の選択肢が広がったこともあり、保険を見直す人が増えてます。

とはいえ、選択肢が多過ぎて、どれが良いのか逆に分かりにくい状況でもあります。

だからこそ比較しましょう。 愛車(アイシス)やあなたの利用状況にあった、保険の見積で各社比べて1番を選びましょう

「自動車保険一括見積り」サービスなら、ネットで気軽に【無料で】できます。 ソニー損保(6年連続「通販型自動車保険」販売No.1)や、人気のチューリッヒ、三井ダイレクトなどを比較して、あなたのアイシスの1番を見つけましょう。


↑ クリック ↑
比較すれば一目瞭然! 数万の節約も!


気になる記事ピックアップ

運転者の保険
自動車ではなく運転者にかける保険もあります。その人が運転していれば、無保険の自動車に乗っていても、その人の保険が使えるというもの。いろんな自動車を乗る場合には便利な保険かもしれないです。自動車を借りる時に、借主に迷惑をかけないという意味でも便利かも。

リスク細分
リスク細分型と呼ばれる保険が規制緩和で可能となり、保険会社によって保険料はかなり違うこともあります。保険の加入者の属性による様々な割引を組合せたり、保険のメニューも要望に合わせてつくるなど、保険を比較するにもある程度知識も必要になってきているみたい。でも知ることで以前では考えられないほどの節約ができることもあります。

三井ダイレクト
損害保険業の事業免許を取得したのは2000年の事とのことですから、比較的新しい保険会社ですね。その割にあちこちで目にする人気の保険会社の一つです。その人気の理由は保険料やネットでの利便性のようです。その一方で事故対応の満足度も高いみたいですし、検討の際には候補になりそうです。

損保ジャパン
損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が合併して、日本国内最大の「損保ジャパン日本興亜」となりました。2014年の事です。ところで「おとなの自動車保険」のセゾン自動車火災保険や、そんぽ24、日立キャピタル損害保険などを傘下に置く大きい損害保険会社なのでした。

自動車保険いろいろ
自動車保険にはいろいろな選択肢があります。テレビやラジオで安い自動車保険の情報がよく流れていますし、昔ながらの代理店や自動車整備工場で取り扱っている自動車保険もあります。いろいろあるので逆にどれにしていいのか分かりにくくなっています。選択肢が多すぎるのも難しいですね。どれが良いか?は比較するのが一番です。

自賠責と車検
自動車保険といえば、通常任意保険のことをいいますね。でも、自賠責もまた事故に備えた保険です。通常は車検のときに一緒に更新されているため、多くの人にとって認識度の低い保険だと思います。車検のタイミングで更新されるので、車検があまりにも期日ギリギリになると、場合によっては自賠責を1か月分重複して払わないといけない事態になることも。車検は余裕をもって受けましょうね。

保険料と年齢
自動車保険の保険料は、年齢との関係が深いです。なぜなら運転者の年齢を制限することで、保険料はかなり節約できるからです。ですので、その自動車を誰が運転するか?というのは、保険加入時にはすごく重要なことです。年齢条件は保険料を安くするには、すごく大きなポイントです。


↑ クリック ↑
比較するから納得!
安い!


自動車保険の話題

ホンダの車

日産の車

トヨタの車

マツダの車

三菱の車

スズキの車

その他メーカーの車

セダン型

コンパクトカー/ハッチバック型

軽自動車

ワゴン型

ミニバン型

SUV/RV型

クーペ/オープン型

その他の型

特集テーマ

リンクについて

軽自動車の気になる情報で軽自動車を知る。 ドライブを楽しむでドライブのコツと注意点。 車とレースにはレースと車の面白いところ。 高級車をレンタカーでを見ると高級車が身近になるかも。
| お気に入りファッションブランド自動車保険の節約・安心選びニキビに向き合う

お問い合わせ

連絡先ご案内(問合せなど)

Copyright © 2007-2016 自動車保険のランキングに注意※こんな失敗しないために. All rights reserved