「自動車保険を安さで選んでいいのかな?」
でも、安いのは一社だけじゃないみたい
比べないとわからないこともあります。

失敗しないラフェスタ保険選びの常識

ランキング上位の自動車保険には、選ばれる理由があります。

例えば、オトクな保険料。 そして保険料だけではなく、補償内容や、担当者の対応、事故時の対応、サービス、信用度、・・・などなど。

自動車保険も今では競争の時代ですし、保険内容や保険料、付帯するサービス等で、各社競ってます。

例えば、ゴールド免許で割引になったり、年間走行距離を保険料に反映させたり、ロードサービスが利用できたり、・・・。

「いろんな保険があるみたいだけど、何をもとに選べばいいのかな?」

それぞれの保険会社の特徴を全て理解して選ぶなんて神業は、専門家じゃないとムリです。でも、あなたが希望する内容の保険で、保険料の見積を集めて比べることはできます。比べることでしか見えない面白い発見もあります。

人気でランキング1位の保険を超える、あなたのラフェスタに相応しい保険が見つかるかも。

毎年更新する自動車保険だけど、毎回比べて選ぶのが基本。

比較もせずに同じ保険を継続したら 数千円~数万円のムダ使いかも。

なぜなら ソニー損保とか、アクサダイレクト、三井ダイレクト、チューリッヒ等々、名の通った保険会社の見積を比較できます。 人気損保だから安さだけじゃなく安心して検討できますね。比較を通じて保険内容・サービスの理解も進みます。

「でも見落としなく検討するって大変じゃない?」

ネットの一括見積を利用すると、保険会社を探す手間も不要。たった1回の情報入力だけでOK。 「車検証」と、今の「保険証券」、「免許証」さえ用意すれば入力もカンタン。

料金もかからず、無料です。

「比べてみてよかったぁ!」と喜ばれとともに、「もっと早く知ってれば、去年も安くできたのに!」と残念がられます。

比較による節約を通じて保険への理解も深まります。まずは話題の保険会社の実力を調べてみましょう。


↑ クリック ↑
「えっ!こんなに違うの?」と驚かれています

格安に驚くラフェスタの保険

日産・ラフェスタでの快適なカーライフのため保険は重要ですね。 運転者には責任がありますし、万一の備えは必要です。

とはいえ、「万一の備え」にしては今の保険、すこし負担が大きいと思いませんか?

近頃は保険の選択肢が広がり、保険を見直す人が増えてます。

でもね。 選べる保険が多過ぎて、どれが良いのか逆に分かりにくいくらい。

だからこそ【自動車保険の無料一括見積り】が便利です。 愛車(ラフェスタ)やあなたの利用状況にあった、保険の見積で各社比べて1番が選べます

【自動車保険の無料一括見積り】は、インターネットが可能にした画期的な方法。 気軽で便利と喜ばれ、もう200万人以上が利用した新常識。

ソニー損保(6年連続「通販型自動車保険」販売No.1)や、人気のチューリッヒ、三井ダイレクトなどを比較して、あなたのラフェスタの1番を見つけましょう。


↑ クリック ↑
「えっ!こんなに違うの?」と驚かれています


自動車保険のトピック

対物
対物といえば自動車保険の大きな柱の一つです。事故で物に被害が発生したときに対象となる保険です。対物では、意外なものがすごい金額だったりしますので、それなりに大きな金額の保険のほうが無難です。相手の自動車だけでなく、建物や信号機の制御盤なども高額になることもありますから。

あいおいニッセイ同和損害保険
2010年にあいおい損害保険(大東京火災海上保険・千代田火災海上保険)とニッセイ同和損害保険(同和火災海上保険・ニッセイ損害保険)が合併して、あいおいニッセイ同和損害保険となりました。自動車保険では「TOUGH・クルマの保険」があります。自動車保険の他、火災保険や傷害保険などの取り扱いもあります。

ソニー損害保険
ソニー損害保険の自動車保険も話題です。ダイレクト系の保険の一つです。ソニーという名前だけに、ブランドによる安心感や期待感も大きいです。保険料も手頃ですし、満足度も比較的高いようです。自動車保険を比較して選ぶなら、ソニー損保も外せない保険の一つですね。

保険料と年齢
自動車保険の保険料は、年齢との関係が深いです。なぜなら運転者の年齢を制限することで、保険料はかなり節約できるからです。ですので、その自動車を誰が運転するか?というのは、保険加入時にはすごく重要なことです。年齢条件は保険料を安くするには、すごく大きなポイントです。

道路交通法の変化
道路交通法は時代背景や技術の進化などに応じて変化しています。昔に比べると飲酒運転や病気などにも厳しくなっています。そんな制度の変更は免許の更新の時に知ることが多いです。なかなか普段から道路交通法の改正に目を光らせることってできないですからね。免許更新の講習はしっかり聞くことが欠かせないです。

ラフェスタの自動車保険についてのこと.

自動車保険の任意保険と一口にいってもその内容にはいろいろあります。対人賠償責任保険や対物賠償責任保険が任意保険の基本となるでしょう。次に、搭乗者傷害保険でしょうね。さらにきめ細かく割引や特約を組合わせて自分と愛車にピッタリな保険をくみ上げていくパターンが多いでしょう。主な特約や割引を挙げていきます。車両保険に加入すると事故後のクルマの修理の際に助かりますね。車両保険には免責があるので、基本的に出費ゼロにはなりませんが。多くの保険でノンフリート等級が保険の割増・割引に影響します。ノンフリート等級は1から20で、6等級から始まり、1年間事故がないと1等級アップします。保険会社によっては22等級に細分化しているところもあります。その他検討したいものとして、人身傷害補償保険、対物超過修理費用補償特約、無保険車傷害保険などがありますね。

近頃は保険会社が保険料やサービスを競うようになったおかげで、従来なら保険会社では提供していなかった便利なサービスまで提供する保険会社も多いです。例えば、ロードサービス。保険を利用する事態になったときは、かなりの高い確率でロードサービスのお世話になるのですから、保険とセットになっているとすごく便利ですよね。嬉しいことにロードサービス専門の会社を利用するよりおトクに利用できる場合が多いです。

リスク細分型の保険という言葉を耳にすると思いますが、リスクを細分化することで多くの人が保険料の節約に成功する一方で、逆にリスク細分型によって保険料が高くなる人もいます。ちなみに保険料については、保険業法施行規則によって定めがあり、「年齢」「性別」「運転歴」「使用目的(自家用、営業用、レジャー、通勤など)」「使用状況(年間の走行距離など)」「車種」「安全装備(エアバッグやABS、衝突安全ボディなど)」「所有台数」「地域」などの9つの危険要因で保険料を決めてよいことになっていて、これらを基本として保険会社各社が特徴を出しながら保険料を設定しています。

万一のための保険に払い過ぎでは?


↑ クリック ↑
比べるから
納得の節約!

自動車保険体験談
** 男性・20代 **
安い自動車保険のCMをよく耳にしますが、なんとなく聞き流していました。でも試しに見積を比べてみて驚きました。
比べてみないと分からないものです。これならもっと早く試せばよかったな。
** 女性・30代 **
残業代カットの次は、給料も・・・
収入減を補う節約に、一度は自動車保険をやめようと考えました。
でも、やっぱり入ってないのは不安なので、安い保険に変えることに。保険の一括見積を利用してみました。
予想以上に保険料が節約できて驚きました。
** 男性・50代 **
実家に息子が帰ってくることに。うちの車も利用するようなので、自動車保険の年齢制限を変えるついでに保険会社ごと考え直すことにしました。
テレビCMなど有名な安い保険会社で考えていましたが、一括見積の結果、意外な保険会社が安かったのでそこにしました。
自動車保険一口情報
・・ ランキング上位の保険会社 ・・

近頃のランキング上位の保険会社といえば、【ソニー損保】【チューリッヒ】【三井ダイレクト】【SBI損保】【アメリカンホーム・ダイレクト】【アクサ】などです。○○火災海上保険など、昔から見慣れた保険会社にもがんばってほしいですね。

通販型保険に対しは、事故対応に不安を感じる人もいますが、「事故の対応が丁寧」「迅速に対応してもらった」など喜びの声もみられます。さすがは、人気保険会社です。

今ではインターネットでの口コミも簡単に見られますので、いい評判だけじゃなく悪い評判も広がりやすいです。

悪い評判が少ないというのもポイントですね!

クルマのお役立ちサイト

| JU中販連全軽自協日産自動車

日産の車

ミニバン型

| ファッションブランドで遊ぶ選ぶ自動車保険ニキビ悩まずスキンケア

お問い合わせ

連絡先ご案内(問合せなど)

Copyright © 2007-2016 自動車保険のランキングに注意※こんな失敗しないために. All rights reserved