「保険料を比べるなんて面倒でしょ?」
でも実際はネットでたった1回の簡単入力だけ
各社の保険料の差を知ってしまったら、もう・・・

輸入車の保険は選ぶもの

今の自動車保険のランキング上位は、昔とはガラリと違います。

その理由は、保険料を比べるときっと分かります。もちろん保険料だけではなく、知名度アップや内容・サービスの充実、事故対応力のアピールなども関係しています。

昔はどこも一緒と思われていた自動車保険も、今では競争の時代です。

「ゴールド免許割引」、「ネット割引」など気になる割引や、年間走行距離に応じた保険料体制の保険など様々です。年齢に応じた割引率も会社によって違っていたりします。

「格安とは聞くけど、特に保険料は安くなってないんだよなぁ」

格安になるのは自分にあった保険会社を選んだとときだけ。誰にも安い保険会社はないです。だからこそ簡単になった保険料比較が欠かせません。比べてみないと分からないことがたくさんあります。

みんなに人気のランキングで1位の保険でも、あなたと輸入車の保険としては、最適にならないことも

節約できることに気づいてない人が意外と多い自動車保険

毎年なんとなく継続していた保険より、実は数千円~数万円安くできる場合も。

何も難しいことではありません。 よく聞くソニー損保とか、アクサダイレクト、チューリッヒ、三井ダイレクト等、人気保険の保険料を、一括見積で比べて選ぶだけ。 実績も豊富な損保と比べるのだから、安心して検討できます。

「でも見落としなく検討するって大変じゃない?」

ネットの一括見積を利用すると、保険会社を探す手間も不要。たった1回の情報入力だけでOK。 「車検証」と、今の「保険証券」、「免許証」さえ用意すれば入力もカンタン。

料金もかからず、無料です。

「比べてみてよかったぁ!」と喜ばれとともに、「もっと早く知ってれば、去年も安くできたのに!」と残念がられます。

比較による節約を通じて保険への理解も深まります。まずは話題の保険会社の実力を調べてみましょう。


↑ クリック ↑
「えっ!こんなに違うの?」と驚かれています

失敗しない輸入車の格安保険

IMPORT CAR・輸入車との日々の暮らし、自分だけの満足を考えるのは、ドライバーとしては不足です。もしもの事故の備えも重要です。

ただ「もしもの備え」なのに、負担が大き過ぎては、息切れしてしまいます。

安い保険の知名度があがり、保険選びが当たり前になってます。

ところが話題の保険があり過ぎて、どれが本当にいいのか迷ってしまいます。

CM等のイメージだけでは納得できないから、自動車保険の【無料一括見積】がカギ。あなたの輸入車と利用条件で各社の保険料を比べて選べます

規制緩和で任意保険の【無料一括見積】は、ネットの利便性と融合して、一気にみんなの常識になりました。利用者も200万人を超え伸びてます。

人気のチューリッヒ、何年も「通販型自動車保険」販売No.1を維持したソニー損保、三井ダイレクト、・・。その輸入車にちょうどいいを保険を見つけましょう。


↑ クリック ↑
「えっ!こんなに違うの?」と驚かれています


自動車保険のトピック

代理店の保険と通販型保険
自動車保険といえば昔は代理店を通じて加入するのが普通でした。何かあるとその代理店の担当者に相談するという形ですね。でも、近頃は通販型自動車保険が普及しています。通販型自動車保険の魅力は価格です。従来の自動車保険に慣れた人の中には躊躇する人も多いですが、今後ますます伸びていくでしょうね。

車両の価値
車両保険に入るとき、その車の価値が重要になってきます。高く設定すると保険料は高くなりがちですが、低く設定するとその金額を上限に保険金が頭打ちになってしまうことも。車両価値が低すぎると車両保険に入る意味がないかもしれません。古い車ほど車両保険は要検討かもしれません。

自動車保険更新で・・
自動車保険の更新時期は自動車保険を見直すチャンスです。自動車保険は保険選びでかなり節約できます。見積を比べてみると各社の保険料の違いにきっと驚くことでしょう。それぞれ保険会社では保険料の算定が異なりますので、条件が変われば一番お得な保険会社も変わってきます。あなたに合った保険を、保険を更新時期をきっかけに探してみてはいかがでしょうか?

ネット割引
インターネットの申込を行った人を対象にした割引です。多くのダイレクト系の保険会社で採用しているようです。ネットで手続きすると楽ですし、さらに安くなるとあってやみつきになりそうです。スマホの普及も敷居を下げています。PCと違っていつも手元にあり、立ち上げる手間もないですからね。

補償内容と保険選び
自動車保険選びで大事なことの一つに、補償内容があります。保険選びのメインの部分ですね。しかし、自動車保険を比べて選ぶとき、各社特徴のある補償を用意していることもあり、全く同じ条件で比べることは難しいかもしれません。少なくとも基本的な補償については、把握することが大事です。

ヴェルファイアの値段のことです.

自動車保険の任意保険と一口にいってもその内容にはいろいろあります。対人賠償責任保険や対物賠償責任保険が任意保険の基本となるでしょう。次に、搭乗者傷害保険でしょうね。さらにきめ細かく割引や特約を組合わせて自分と愛車にピッタリな保険をくみ上げていくパターンが多いでしょう。主な特約や割引を挙げていきます。車両保険に加入すると事故後のクルマの修理の際に助かりますね。車両保険には免責があるので、基本的に出費ゼロにはなりませんが。多くの保険でノンフリート等級が保険の割増・割引に影響します。ノンフリート等級は1から20で、6等級から始まり、1年間事故がないと1等級アップします。保険会社によっては22等級に細分化しているところもあります。その他検討したいものとして、人身傷害補償保険、対物超過修理費用補償特約、無保険車傷害保険などがありますね。

近頃は保険会社が保険料やサービスを競うようになったおかげで、従来なら保険会社では提供していなかった便利なサービスまで提供する保険会社も多いです。例えば、ロードサービス。保険を利用する事態になったときは、かなりの高い確率でロードサービスのお世話になるのですから、保険とセットになっているとすごく便利ですよね。嬉しいことにロードサービス専門の会社を利用するよりおトクに利用できる場合が多いです。

リスク細分型の保険という言葉を耳にすると思いますが、リスクを細分化することで多くの人が保険料の節約に成功する一方で、逆にリスク細分型によって保険料が高くなる人もいます。ちなみに保険料については、保険業法施行規則によって定めがあり、「年齢」「性別」「運転歴」「使用目的(自家用、営業用、レジャー、通勤など)」「使用状況(年間の走行距離など)」「車種」「安全装備(エアバッグやABS、衝突安全ボディなど)」「所有台数」「地域」などの9つの危険要因で保険料を決めてよいことになっていて、これらを基本として保険会社各社が特徴を出しながら保険料を設定しています。

万一のための保険に払い過ぎでは?


↑ クリック ↑
比べるから
納得の節約!

自動車保険体験談
** 男性・20代 **
安い自動車保険のCMをよく耳にしますが、なんとなく聞き流していました。でも試しに見積を比べてみて驚きました。
比べてみないと分からないものです。これならもっと早く試せばよかったな。
** 女性・30代 **
残業代カットの次は、給料も・・・
収入減を補う節約に、一度は自動車保険をやめようと考えました。
でも、やっぱり入ってないのは不安なので、安い保険に変えることに。保険の一括見積を利用してみました。
予想以上に保険料が節約できて驚きました。
** 男性・50代 **
実家に息子が帰ってくることに。うちの車も利用するようなので、自動車保険の年齢制限を変えるついでに保険会社ごと考え直すことにしました。
テレビCMなど有名な安い保険会社で考えていましたが、一括見積の結果、意外な保険会社が安かったのでそこにしました。
自動車保険一口情報
・・ ランキング上位の保険会社 ・・

近頃のランキング上位の保険会社といえば、【ソニー損保】【チューリッヒ】【三井ダイレクト】【SBI損保】【アメリカンホーム・ダイレクト】【アクサ】などです。○○火災海上保険など、昔から見慣れた保険会社にもがんばってほしいですね。

通販型保険に対しは、事故対応に不安を感じる人もいますが、「事故の対応が丁寧」「迅速に対応してもらった」など喜びの声もみられます。さすがは、人気保険会社です。

今ではインターネットでの口コミも簡単に見られますので、いい評判だけじゃなく悪い評判も広がりやすいです。

悪い評判が少ないというのもポイントですね!

クルマのお役立ちサイト

| 国土交通省査定士制度*JAAIGM

その他メーカーの車

その他の型

| ファッションブランドで遊ぶ選ぶ自動車保険ニキビ悩まずスキンケア

お問い合わせ

連絡先ご案内(問合せなど)

Copyright © 2007-2017 自動車保険のランキングに注意※こんな失敗しないために. All rights reserved